アートギャラリー

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館とオーストラリア現代美術館では、主要な国内外の作家による展覧会など大規模なイベントを開催しています。シドニー博物館を訪れると、さらに多くの絵画を鑑賞できます。また、セントラル駅から歩いてすぐの距離にある、チッペンデールのホワイト・ラビット・ギャラリーには、現代中国美術が展示されています。

ロックス地区では、ケン・ドーン・ギャラリーやアボリジニ美術専門ギャラリーなどの個人ギャラリーを訪れましょう。S. H.アービン公立ギャラリーもロックス地区のオブザバトリー・ヒルズにあります。また、シドニー東部には、ウラーラのオーウェン・アーウィンやパディントンのシャーマン現代美術財団など有数の個人ギャラリーがあります。

ジェニー・キーの肖像、アーチボルト賞、シドニー
イリバナ・ギャラリー、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館

シドニーの華麗なアート体験

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館はシドニーで最も重要な公立美術館であり、30,000点以上のコレクションを所蔵しています。市街地中心のドメインにこのギャラリーはあり、入場無料です。シドニーを訪れる人にとって、人気アトラクションの1つです。

ギャラリーでは、巨匠の作品を含むオーストラリアやヨーロッパの作家の作品を展示しています。アボリジニ美術やアジア美術を専門としたギャラリーや、大規模な写真コレクションを有するギャラリーもあり、約40の特別展が毎年開催されています。

数多くのオーストラリア人コレクションの中でも、有名なものとして、ラッセル・ドライズデール作Walls of China(1945年)、ジョン・オルセン作Five Bells(1963年)、ベン・クイティー作Fairy Bower Rorschach(2012年)、アーサー・ストリートン作Fire's on(1891年)、そしてフレデリック・マクビン作のOn the Wallaby Track(1896年)などが挙げられます。

館内にある洗練されたレストランやカフェからはポッツ・ポイント、ウールムール、ガーデン島の海軍基地が望めます。また、美術館からロイヤル・ボタニック・ガーデン(王立植物園)を通り、シドニーオペラハウス、そしてシドニー現代美術館のあるザ・ロックス地区へと散策をお楽しみください。

オーストラリア現代美術館(MCA)にはシドニー・オペラハウスが眺められる人気の屋上カフェがあり、1991年の開館以来、オーストラリア人作家の作品を数千点コレクションしています。この美術館は存命作家に重点を置いており、そのコレクションには絵画、写真、映像、彫刻、インスタレーションが含まれます。