博物館と史跡

ザ・ロックス・ドリーミング・アボリジニ遺産ツアーでは、文化的人工物に触れ、カディガルの話す言語を聞くことができます。シドニー博物館のエッジ・オブ・ザ・ツリーを構成する29本の柱の間を散歩しましょう。

世界遺産のブルー・マウンテンズには140キロメートル以上のウォーキングコースがあります。シドニーから電車で80分の距離にあるフォーコンブリッジで、アボリジニ ブルーマウンテンズ・ウォーキングツアーのガイドと一緒にこのエリアを探訪しましょう。カトゥーンバのワラダ・アボリジナル・センターに立ち寄って、伝統舞踊とディジュリドゥパフォーマンスをご覧ください。

岩絵、ムートゥインギー国立公園
カメイ、ボタニー・ベイ

文化的に重要な遺跡

アボリジニの人々と土地の精神的・文化的つながりは強く、その物語や教えは後代へ受け継がれてきました。博物館や美術館、国立公園、ガイド付きツアーやウォーキングでこれらの先祖代々のつながりについて学ぶことができます。

ハイド・パークの近くにあるオーストラリア博物館のオーストラリア先住民に関する展示は、太古のドリームタイムストーリーから現代に至るアボリジニ文化の多様性を示しています。狩猟用具を含む人工物の他、現代絵画や彫刻、工芸品も見られます。

ロイヤル植物園の近くにあるニュー・サウス・ウェールズ州立美術館のイリバナ・ギャラリーには、アボリジニ美術からオーストラリア全土にわたる優れたコレクションがあります。見どころとしては、リン・オヌス(Lin Onus)の彫刻「Fruit Bats」やアーネムランド出身のジョン・マウアーンジュールの複雑な樹皮画があります。

シドニー博物館の前庭にはエッジ・オブ・ザ・ツリーがあります。「柱の間を歩くと、今日では大都市に飲み込まれてしまったシドニーの地名を朗誦するオーストラリア先住民の声のサウンドスケープが聞こえてきます」と博物館では説明されています。

カメイ・ボタニー・ベイ国立公園は、文化的に重要な30か所の遺跡のいくつかから発見された岩絵や彫刻を含む、アボリジニの歴史に富んだ場所です。シドニー・サウスのこの国立公園は、壮観なソランダー岬の展望台から眺めるホエールウォッチングでも人気があります。